葉酸サプリの特徴とは

任活中は妊婦や胎児のためにも、多くの栄養成分を摂取する必要があります。
これら栄養成分を摂取するのに便利なのが、健康サプリメントです。

任活中は多くの栄養成分が必要になりますが、その中の一つが葉酸です。
葉酸は野菜にもたくさん含まれていますが、サプリメントから摂取する方法もあります。

私たちの体になくてはならない成分の一つです
任活中は、母子ともどもたくさんの栄養補給を心がける必要があります。
胎児はもちろんのこと、母体の健康維持も大切です。

体に必要な栄養成分は色々ありますが、その中の一つが葉酸になります。
葉酸というのはビタミンB群の一種であり、ほうれん草の葉っぱから見つかったことからこの名前が付けられました。

この食品の名前の由来を見ると、緑色野菜などにたくさんの含まれているようなイメージがありますが、実際はレバーなどの動物性食品にもたくさん含まれているのです。

葉酸は私たちの体に必要とされる栄養素の一つであり、DNA合成や細胞分裂などに大きな影響を及ぼしています。
さらに、動脈硬化の原因であるホモシステインの減少や、赤血球生成にも役立っています。
このように様々な作用を持っていますので、できるだけ多くの量の摂取が求められます。

葉酸は食品からの摂取しにくい性質を持っています

私たちの体に必要とされる葉酸ですが、この成分は食品からの摂取が難しいと言われています。
実際に葉酸を含んでする食品はたくさんありますが、成分自体が熱や水に弱い性質を持っていますので、調理する時に破壊されてしまうことが多いです。

さらに吸収率も悪いのも大きな特徴です。
そのため、たとえ食品から摂取しても、その半分程度しか吸収できないとも言われています。
特に任活中は多くの栄養成分が必要ですので、この葉酸もたくさん摂取することが大切です。
妊娠時に400μg成分を摂取するには、200gのほうれん草が必要になります。

しかし実際の吸収率が50%ということなので、その倍の400g、いわゆる4束のほうれん草の摂取が必要です。
このように体に必要な量を摂取するには、多くの量の野菜摂取が求められます。
ちなみにたくさんの葉酸を含んでいる食品としては、次のものがあります。

「レバー類100μg」、「枝豆260μg」、「ほうれん草210μg」、「よもぎ190μg」、「納豆120μg」などで、それぞれ、100g当たりの量になります。
その他の食品もありますが、以上が代表的な食品であり、この中では枝豆に結構多く含まれているようです。
そのため可能であれば、毎日枝豆を摂取してみるのもいいかもしれません。

なお、これら食品での摂取が難しい時におすすめなのが葉酸サプリです。
葉酸サプリは、好きな時にいつでも摂取できるのが大きなメリットと言えます。
またサプリメントですので、持ち運びにも便利です。

そのため外出先でも摂取でき、栄養不足をしっかり補填できるのが嬉しいところです。